滑り止め加工 そして 激しい雨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

今日の天気は晴れのちサンダーストーム!日本語訳は雷鳴を伴う暴風雨だそうです。こんばんは。石屋のけんすけこと清水健介です。

午前中は本当に良すぎるくらいのお天気で汗だくになってお寺さんにおりました。何をやっていましたかというと…。

これを

IMG_2484

先日のお墓のリフォームの踏み石部分

こんな感じへ加工していました。

IMG_2554

お施主さんからの滑り止め追加注文。

お施主さんから“滑りはしないのだけど、念のためやっておいてほしい”とのことで踏み石に滑り止め加工を現地にて加工していました。

初めから加工していればよかったですね…。すみませんでした。

こんな時にどのような道具を使うかといいますと~

IMG_2549

石屋さんの加工道具達

こういうものを使います。ビシャンとかね。もう地道にコチコチと磨いてある表面を荒らしていくわけです。力加減も難しいのですが石を荒らしていくタイミングも重要。綺麗に仕上がるためには一定の感じで荒らしていかなくてはいけないんですね。

手加工ですので滑り止めとしては申し分ない感じで完成したと思います。

IMG_2553

両方の踏み石に滑り止め加工が完成しました。

こんな感じで午前中がすぎました。

夏の天気は変わりやすい

午後少し用事があり軽トラックで向かおうとしたところ西の空が真っ暗…。

そんなことを敏感に感じ取りまして傘を持って出ました。

…が…

その後の東京の天気は

サンダーストームですよーーーーー!!!!

傘さしても濡れる…。

てか軽トラから降りれないーーー!久々です。こんな豪雨。一時間に130mm以上だってさ。

事務所付近は高台ですが、坂の下などは冠水してました…。排水溝にゴミが詰まった場所なんかは特にひどかった。

雨が止み気になったのはやはりお寺。すぐに行きましたところめっちゃ水溜まっている。

IMG_2565

民間霊園のように排水が完璧に考えられているわけではないので水はけが悪い場所がやはりあるのでこんな時にじゃないと確認できませんからね。今後改善の余地ありですね。

IMG_2560

明日の東京も大雨の時間帯があるとのことですのでお気をつけてくださいね。

ではまた!

この記事を書いた人

清水 健介
清水 健介この記事を書いた人
創業明治10年東京都上板橋の石材店清水屋専務の清水健介です。5代目予定。学生時代からやってきた納骨回数は1000回を超える。お墓、石のことなら何なりとご相談をいただければと思います!お墓を作ったはいいけど、コケだらけなんか嫌!“また会いに行きたくなるお墓つくり”を提案しています。髪がくるくるしているけどパーマじゃない。これは無料パーマだといいつづけている。全国優良石材店の会 東京支部、東京都石材業政治連盟幹事。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存